科学防護服 PERSONAL PROTECTION

化学防護服の使用用途

化学防護服の使用用途

新型インフルエンザ・感染症対策

感染症対応用としてデュポン社の防護服が使用されています。
いつ大流行するかわからない感染症に備え、防護服の備蓄をおすすめします。

詳しくはこちら

化学物質・化学薬品対策

化学物質へのばく露は作業者の健康を大きく損ないます。塩化ビニール製の耐酸衣など、いわゆる一般的な作業服では、これらのリスクから作業者の安全を守ることができません。
化学物質を扱う現場では、専用の防護服の着用をおすすめします。

詳しくはこちら

ダイオキシンばく露対策

環境中に広く存在し、微量でも強い毒性を持つといわれるダイオキシン。
ばく露の可能性が高い、廃棄物焼却炉では、環境に応じた防護服の着用が求められています。

詳しくはこちら

アスベスト除去・粉じん対策

石綿(アスベスト)粉じんによる健康被害が社会問題になりました。
建物の解体時などに発生する石綿の除去作業には、適切な防護服・防護具の着用が不可欠です。

詳しくはこちら

再生医療・研究・製薬・調剤

コントロールされた環境下における様々なリスク軽減のためにガーメントやアクセサリーの着用が必要とされています。

詳しくはこちら

その他の用途

汚れ作業から、警備・救助・テロ対策まで、幅広い業種、さまざまな作業に、防護服はご使用頂けます。

詳しくはこちら