タイパー®(ザバーン®)とは

タイパー®はポリプロピレン製4層スパンボンドの不織布です。
世界最太レベルの極太40-50ミクロン長繊維が縦横無尽に重合する独自構造を持ち、寸法安定性と強度に優れます。

繊維同士熱融着されており、接着剤やバインダーは使用されていません。
よって、地中に埋めても環境負荷が少なく、加水分解もありません。
また、完全燃焼により水と二酸化炭素に分解されます。

その性能と信頼性により、滑走路からスニーカーまで、
官民問わず、様々な場所で半世紀以上の実績があります。

タイパー®のメリット

極太繊維(40~50μm)を 各交絡点で融着しており、耐衝撃・耐引張り・耐引裂きに優れる。
特に、ジオテキスタイルとして、最適な引張り強度 と 伸び率 を実現
*他素材に比べ、“破断せずに伸びる” *伸び率試験デモ

縦横無尽の繊維構造により、寸法安定性に優れ、全方向で、均一な強さを発揮。連続繊維なので、万一の糸切れでも、破断が拡がらない

薄く、繊維間の隙間が拡がりにくいので、目詰まりしにくい。
また、ニードルパンチ系のような、圧縮による透水性の低下も起こらない。
結果、良好な透水性を保持*動画透水性デモ

ポリプロピレン100%
よって、 酸・アルカリに高耐性、加水分解しない、生物分解しない
*ポリプロピレンは、化学的に最も不活性な汎用樹脂のひとつで、ほとんどの化学薬品に対して安定的です。
*紫外線暴露下では、徐々に劣化します。
*ご参考:Federal Institute for Material Research & Testing による“土中での耐久性試験”の要約

ISO14000取得工場にて製造

RoHS適合、Reach適合*関連資料

リサイクル性に優れ、燃焼により水と炭酸ガスに分解

*廃棄については、該当する地方自治体の条例をご確認下さい。

タイパー®の基本物性

・使用可能温度域:-40〜100℃
*低温でも強靭性/柔軟性を示し、90℃で柔らかくなり始める

・軟化点:150℃

・融 点:168℃

・発火点:約350℃

・比 重:0.91g/㎤

・CASナンバー:9003-07-0

・各品番の測定値は以下をご参照ください

その他の情報

・原産国:ルクセンブルク