屋根部

施工の留意点

  1. ステープル釘(タッカー)は、デュポン™タイベック®ルーフライナーの重なり部以外(下図点線内)には打たないでください。

    仮止めステープル釘(流れ方向上端部および重ね分固定位置)

    ※ステープル釘の打ち損じやその補修作業で穴が開いた場合は、デュポン™タイベック®ルーフライナーテープ等で補修してください。

    ※継目(ジョイント)はデュポン™タイベック®ルーフライナーテープでシールしてください。

  2. 瓦桟木等を施工する際は、桟木で雨水が堰き止められないように施工してください。 例)流し桟工法や桟木下に溝加工が施されたもの等を使用してください。

  3. 瓦桟木等の固定には、自動釘打ち機による金属線での結束タイプの釘(ワイヤネイル)は使用しないでください。

  4. 軒先部やけらば分の端部は、デュポン™タイベック®ルーフライナーの裏面に水が入らないように処理してください。
    例)デュポン™タイベック®ルーフライナーで浮きがないように固定してください。

ご注意

  • デュポン™タイベック®ルーフライナーは、施工者の滑り止め用として茶色の不織布(防滑層)を表層面に、その下側には、防水の役目を果たす白色の不織布(防水層(タイベック®))で構成されています。
  • 施工中、防滑層に毛羽立ちや剥れが発生する場合がありますが、その下側の防水層(タイベック®)をご確認いただき、損傷がなければ、防水性能には一切影響がございませんので特に補修等の必要はございません。
  • ただし、事故を防ぐ上でも、防滑層に大きな損傷がある場合は、デュポン™タイベック®ルーフライナーを増し張りする等の措置を行い施工上の安全を確保してください。

標準施工要領