科学防護服 PERSONAL PROTECTION

防護服に関するお知らせ

デュポン™タイケム®防護服の耐透過性試験データ
取り扱い変更についてのお知らせ平成26年2月25日

「JIS T8115」では、化学防護服の素材について、「透過」試験を行うように定めています。これは作業者の安全を確保するため、使用する化学物質に対して、十分な破過時間を持つ防護服を選定することが大切であるとの観点から定められたものです。
従来、弊社はテクニカルハンドブック、カタログ等の印刷物により、タイケム®防護服の耐透過性試験データ(以下「透過データ」)を提供して参りました。しかし透過データはデュポン社にて随時更新又は変更がされており、弊社と致しましても常に最新のデータを提供すべきという観点から、今回透過データの取り扱いを下記のとおり変更することと致します。なお、製品自体についての変更はございません。

タイケム®防護服の最新の透過データはデュポン社ホームページ内の「DuPont™SAFESPEC™」において提供致します。製品毎の参照 URL は下記記載のとおりです。

タイケム®C、タイケム®F:DuPont™ SAFESPEC™ EUROPE サイト
http://www.safespec.dupont.co.uk/safespec/chemical/en/search.html

タイケム®BR、タイケム®TK、タイケム®サーモプロ:DuPont™ SAFESPEC™ USサイト
http://safespec.dupont.com/safespec/chemical/search

なお、タイベック®防護服につきましては、粉じん防護用の製品としての性質上、特に安全を重視するという観点から透過データを提供しないことに致しました。
耐透過性試験の概要については、上記記載のウェブサイトに詳細がございます。また、上記記載のウェブサイトにて提供の透過データは、あくまでもデュポン社での実験値であって、保証値ではございません。
上記変更につき、お手数おかけしますが、製品ご採用の際にはご考慮いただきますようお願い申し上げます。今後とも弊社製品につきまして、ご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

以上