医療用滅菌包材

医療機器の包装に関する国際規格

ISO11607とは?

ISO11607は、最終段階で滅菌される医療機器の包装に関する国際規格であり、現存する包装関係の規格を統合したものです。

この規格は2部構成になっており、ISO 11607-1:2006は、第一部(パート1)で、材料、無菌バリアシステム及び包装システムに関する要求事項が規定されています。
ISO 11607-2:2006は第二部(パート2)で、成形、シール及び組立プロセスのバリデーションの要求事項が規定されています。

また、このISO11607は、日本において2009年9月に日本工業規格JIS T0841-1、 JIS T0841-2として発行されました。
(JIS T0841の構成はISO11607に準じています。)

ISO11607とタイベック®

デュポン社は、早くからISO11607の重要性に着目し、より安全な医療機器包装を実現するための取り組みを続けて参りました。 タイベック®1073B, 1059B, 2FS(4058B)はISO11607に適合するために最適な医療用滅菌包材です。

【移行タイベック®】
【レガシータイベック®(2FSを含む)】

ISO11607のセミナー開催について

ISO11607に関するセミナーを開催しております。詳しくは下記のリンク先ページをご覧ください。

パッケージング・セミナーについて