建築資材BUILDING MATERIAL

スマートベーパーバリア(可変透湿気密シート)タイベック®スマート。「気密」をしっかり確保しながら、「冬は防湿」、「夏は透湿」することで常時乾燥を促します。
建築資材TOP
タイベック®とは?
製品紹介
施工方法
採用ビルダーの声
カタログダウンロード
プレスリリース一覧
  • タイベック®は、国内販売30年の実績と高い技術で、長持ちする住宅を支えます。 since183 30th ANNIVERSARY デュポン™タイベック®

について

冬は防湿、夏は透湿

しっかりと気密(空気を通さない)を確保しながら、冬は通常の防湿気密シートのように湿気を通さず、夏は壁体内が高温多湿になりカビや結露が発生しそうになると湿気を通し、通年を通して壁体内を良好に保つよう機能するスマートベーパーバリアです。

冬は「防湿」夏は「透湿」

絶対湿度毎の透湿抵抗値

タイベックRスマートは、デュポン™タイベック®に湿度条件に応じて変化する特殊樹脂をコーティングを施しています。
この特殊な機能により、夏の高温多湿条件においては、透湿抵抗が低下し壁体内の湿気を室内側へ放出することが可能になります。

※シート内側及び外側の平均温湿度が23℃75%になる場合の内外平均絶対湿度は15.4g/m3となります。この程度の湿度条件において、十分な透湿性を発揮することでカピや結露を抑制することが可能になると考えられます。

スマートベーパーバリアの必要性

これからの高気密高断熱住宅では温暖地でも気密シート施工が必要です。
しかし、通常の防湿気密シートの場合、夏型結露の心配があります。
寒冷地でも木材の初期含水率が高い場合は、夏場のムレによるカビの心配があります。
そこで開発されたのがスマートベーパーバリアです。

夏型結露やカビの主な原因

  • 1. 室内外の温度勾配(水蒸気移動)
  • 2. 温度上昇による構造材の蒸し返し

夏は、温度勾配によって、湿気は室内側へ移動する傾向がありますが、通常の防湿気密シート(PEシート)が施工されている場合、断熱材とPEシート間の湿度は、極めて高くなる恐れがあります。とりわけ新築直後の構造体や基礎コンクリートから放出される湿気は多く、壁体内の湿度は高くなり、リスクは更に高まります。

また、通気層工法を伴わない壁体や屋根断熱構造の場合は、特に初期含水を放散できす、通常の防湿 気密シートにより、湿気を壁体内に封じ込めてしまう可能性があります。

スマートペーパーバリアは気密性を保ちつつ、高湿度環境下では、湿気を通し夏型結露やカビ発生抑制効果を発揮します。

夏型結露のメカニズム

参考文献
本間義規:通気阻内の放射伝熱および通気風量を考慮した断熱璧体の熱水分同時移動解析.日本建築学会大会学術講演梗慨集, 301-302, 2012年9月

デュポン™タイベック®スマートの規格や物性値をご確認いただけます。

規格

品名 デュポン™タイベック®スマート
規格 幅1.5m×長さ30m巻

データ

MSDS

マテリアル・セーフティ・データシートです。本製品の安全性を確認いただけます。

詳細を見る

インクMSDS

本製品に使用されるインクの安全性を確認いただけます。

詳細を見る

物性表

強度や透湿性、耐久性をデータで確認いただけます。

詳細を見る

JIS A6930 品質証明書

気密シートとしての性能基準に基づいた品質証明書です。

詳細を見る

簡易施工要領

タイベック®スマートは、可変透湿・気密シートです。 常時、気密を確保しつつ、冬は防湿シートと同等の防湿性を有し、夏は透湿防水シートのように透湿性を発揮することにより、壁体内結露やカビを抑制することができるシートです。
通常の防湿気密シートと同様の施工方法で施工ができます。

※本製品は可変透湿・気密シートです。
外壁下地用透湿防水シートとして利用できません。

施工に関する基本的な考え方

建物全体の気密性や結露防止性を保つために、断熱材の内側で、切れ目なく連続した状態でシートを施工することが基本です。

屋根断熱の場合、天井断熱の場合

施工例

本施工要領は一般的な施工参考例とし、建築様式や現場に応じて適宜、応用願います。

基本的な施工方法

  • 柱、間柱等の下地が濡れている場合、十分に乾燥させてから施工開始します。
  • 印刷面を室内側に向けタイベック®スマートをたるみやしわがないように施工します。
  • 縦張り、横張り共に施工することが可能です。
  • 柱、間柱等の下地がある箇所に、タッカー釘もしくは両面テープ等を用いて固定します。
  • タッカー釘は200?300mm程度問隔を目安として下地材に打ち込みます。
  • 気密テープは幅50mm以上を推奨します。
  • 継ぎ目は30mm以上重ね、下地材がある箇所で固定します。
  • 下地材のある箇所で十分な重ねをとることができない場合は、気密テープ等で固定します。尚、横張りの場合、上下方向の重ね部では下地材がないため、気密テープでしっかりと気密を確保してください。
  • タッカー釘等で強く打ち込んだ場合、タイベック®スマートが破れる恐れがあります。万が一破れた場合、気密テープ等を用いて補修します。大きな破れの場合、タイベック®スマートで張りなおします。

床と壁との取り合い部分の施工方法

  • 壁に施工するデュポン™タイベック®スマートを床下地合板に30mm以上折り返し、気密テープで固定します。

天井(または屋根)と壁との取り合い部分の施工方法

  • 壁に施工するタイベック®スマートは胴差または桁、梁まで張りあげ、端部を気密テープ等で固定します。
  • 天井にタイベックRスマートを張り、壁に30mm以上折り返し、気密テープで固定します。

ご注意

  • 透湿性のある内装材の使用を推奨します。
  • 湿式工法の浴室には使用しないでください。
  • 特に浴室や脱衣所の換気は十分に行ってください。
    冬場に高温多湿になった場合壁体内に湿気を入れてしまう恐れがあります。
  • 煙突等の高温になる箇所では、タイベック®スマートが直接触れないようにしてください。
  • タイベック®スマートは保管中は高温多湿を避け、施工中は水に濡らさないでください。
  • タイベック®スマートは外壁下地用透湿防水シートとして使用できません。
  • 製品の特性上カールしていることがございますが、品質に問題ありません。

施工事例

福島県:新築施工例新築

写真

横張りで丁寧に施工されています。接合部分は全てテープ処理されています。

写真

ダウンライト部分では木箱を作り、気密の連続性を確保しています。

写真

コンセントボックスの気密は専用部材を用いて気密を確保しています。

写真

2階の小屋梁部分での接合は丁寧にテープ処理して、気密を確保しています。

岩手県:新築施工例新築

写真

横張りで施工し、接合部は全て気密テープで処理しています。

写真

桁と梁の取り合い部分も丁寧にタイベック®スマートをカットしテープ処理しています。

愛媛県:新築施工例新築

※この現場の気密測定結果は0.08と極めて高いC値となっています。(シート施工完了時点での測定結果)

写真

縦張りで施工し、配線胴縁によりコンセプトボックス部分などの貫通部を作らないようにしています。

写真

スプレーのりを使いながら丁寧に施工されています。

写真

束のまわりでは写真の通りタイベック®スマートをカットしてから、テープ処理していきます。

愛媛県:リフォーム施工例新築

写真

断熱・気密リフォームでは、気密処理が難しい部分があるものの、隙間のの無い施工により、高いC値を確保されています。